LINK
シフト勤務で早朝5時には家を出なければならない日が1ヶ月に10日もある仕事をしています。 遅くとも4時までには起床しなければならず、睡眠が何よりも大切な私が8時間の睡眠を確保するためには前日の20時までにはベッドに入らなければなりません。 1人暮らしの頃は全く問題なかったのですが、結婚してからは家事などもあり、なかなかこのリズムをキープするのが難しいというのが悩みです。 頭が冴えないまま早番で出社をし、昼ごろにやっと目覚めるという日も少なくありません。 そんな私を見かねた会社の同期が、入眠したおおよその時間を感知し、そこから計算して一番目覚めが良いタイミングで目覚ましを鳴らしてくれるというスマホのアプリを勧めてくれたのです。 早速4時間しか睡眠を確保できない日に試してみたところ、ほとんど眠れなかったにもかかわらず、すっきり目が覚めたのでびっくり。 希望するの起床時間から逆算した30分前から希望時間までの間のタイミングなので、早すぎることも遅すぎることもなく、絶妙なタイミングなのです。 それ以来冴えない頭のまま仕事をする事はなくなり、今や外せない機能となりました。