LINK
 数年ほど前から、電子書籍というものがだいぶ一般的になってきたように思います。電子書籍とは、文字通り今までの紙ではなくデジタルデータだけで作られた書籍のことで、今では多くの人から支持されています。  そんな電子書籍には、さまざまなメリットがあると私は考えています。それは、まず紙を使っていませんので資源の節約になるということです。紙は材木から作られていますから、紙の本だとそれだけ木を切り倒さなければならず資源を消費しています。しかし、電子書籍ならばデジタルデータですので、それを心配する必要はまったくありません。  また、持ち運びが便利であるというのも大きなメリットです。本を何冊も持ち歩くことは重くてとても大変ですが、電子書籍ならば端末が1台あれば十分です。それゆえに、忙しいビジネスマンを中心として身軽に移動したい人にとても人気があります。  こうしたさまざまなメリットがありますので、電子書籍はこれからもっと普及していくと私は思っています。