LINK

契約店舗で全部のクレカが使用できるのでもありません。

□クレカ会社の契約店舗はおおむね、多くのクレカ会社とライセンスを結んでいますが、不便ですが全てのお店であらゆる種類の所有カードが決済可能なのでもありません。

例をあげていうと古いタイプのお店の場合にはJCBの印の書いてあるカードしか使用できない場合もあるし、今日の商店ならばVISAとかマスターといったマークのついているクレカだけしか使用不可な場面もあるでしょう。

銀聯などのカードならもっともっと使用不可な状況が多いでしょう。

何の所有クレジットカードが使えるかをどんな方法で見分けるといいの?「ではどうやって何のロゴのクレカが決済できるかを判断するといいんだろう?」という質問だけど正しく判断するんだとすると店舗の人にお見せしてみるのみ、ていうのが正直ながらその回答です。

とはいってもたいがいの商店やホテルには店舗の見える場所に決済できるクレジットカード会社の印がプリントされているシールが掲示されている理由から「そうなんだ、ここの店舗はVISAカードが決済できるんですね」というふうに分かりやすいようになってるから確認してもらえると思います。

しかし、しっかりと確認が出来ていない加盟店舗で使うときにはロゴが掲載されているのに「現在ではご使用のクレジットカードはお受けいたしかねます」などという案内をされるケースもあるわけであたふたしてしまうこともあるでしょう。

可能な限りはより多くのお店で決済できるようにする目的を考えると異なる種類の会社(国際ロゴ)が書かれている一般的なVISAカード、MasterCard、というようなカードを複数枚財布に入れておくようにお勧めします(例:UCカードをすでに持っているなら次はディスカバーカード付きのカードを持つとする等)。

国内では、VISA、MasterCard、JCBの3つの印が入っているカードをそれぞれ携帯しておけば、返済状況に問題がない限り日本全土の加入店でなにがしかのカードを提示するよう準備万端というわけです。

クレジットカードを使用して効率的に節約を目標とするのであれば、しっかりと少なくともこの3枚のクレカを使えるようにしておいて損はないでしょう。