LINK

自動車重量税、通称重量税とは日本の自動車とかアメ車など愛車の国や四輪駆動車、ハイルーフ車というような車のタイプも関係なく、たとえばトヨタやGM、などにも変わりなく負担をしなくてはいけない税金です。キレイモ 北千住

新車登録をするさい、あるいは車検のさいに納税が必要になる税金です。ラバ 銀座

額は自動車の重さ毎に決まっています。危険?ロスミンローヤル成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に違う税金ですので、きちんと理解をして混同しないようにしなければなりません。http://www.starglowone.com/entry12.html

「自動車重量税とは車の車重によって」「自動車税は自動車のリッター数で」税額が変わります。アコム審査甘い?スマホ即日借り方!【在籍確認電話ある?】

それで、買取する際の扱いも異なりますし、注意が必要です。スキンケア ファンデーション

車の買い取りの際には支払い済みの額がいくら残っていたとしても、その額が還付されることはないですが、一方、自動車税でしたら既に支払った税額を買取金額に上乗せしてくれるということがあるものの、重量税の時は上乗せになるような場合は全然ないのが現状です。包茎手術札幌

重量税というのは、車の処分時に既に納付した金額が残っているからと言って自動車の買い取り専門業者側でそのことが材料になる場合はほとんどないです。宮城・仙台【即日当日】対応の探偵事務所|格安の浮気調査で信頼できる

ですからその次の支払い、つまるところ次の車検まで待機して買取っていただくのがベストでしょう。

自動車引き取り時は考慮してもらえない重量税でも、特別な事例では還ってくる可能性があります。

その時は車検の効力が残存している自動車を廃車として処理する場合です。

要は、廃車申請をした時に、残っている車検期間に従って額が戻ってきます。

ですが自動車売却時はその自動車が廃車になるのとは異なり還付されません。

そしてクルマの名義の変更をしてしまったケースや盗難にあった時なども返金してもらうことはできません。

自動車重量税が残っている期間がある自動車を手放すということは、つまり車検がまだある中古車です。

そういったことを店側も計算に入れますので、自動車重量税の期間が残っていれば、査定額が上がるでしょう。

もちろん売却額は買取業者によりまちまちなのですが車検期間が残っていることを計算に入れてもらえば自動車の買取金額からみたらあまり損をするということもありません。