LINK

「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を売買の注文をして儲けを生む投資です。

買ったり売ったりの価格は常時動いています。

これが為替相場です。

インターネットを見ているとレートのニュースが流れる時があります。

よく見るのが「本のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表示しています。

すなわち、FXには買いと売りの2つの値段が存在する事を示しています。

売値、買値ではなく、BID、ASKと提示しているFX業者もあります。

通常は買値よりも売値のほうが小さく設定されています。

現実に買値は高く、売値は低くなるものです。

この差分をスプレッドといい、会社の儲けのひとつとされています。

スプレッドの差は取引会社によって違います。

スプレッド幅は自分にとって費用になるので、低い取引業者を選択するほうが有利です。

ただ、同じ業者でも局面によってはスプレッドの差は広くなったり狭くなったりします。

もし日常的にはドルと円の通貨ペアで1銭のスプレッド幅だとしても、市場の上下動がとても激しい状態では1銭よりも大きくなったりします。

そのため、スプレッドの広さが狭いのと、変化しない事が必要です。

最近では動かないスプレッドの狭さを示す取引会社もいくつもあったりします。

現実にFX会社の取引画面の中で本当の為替相場を見なければ区別できないのですがとても大切なことです。

多額の投資資金を投入してトレードするわけですから現実のエントリーの前に、気になるFX取引会社の新規取引口座開設を積極的にして、示されているスプレッドの狭さを確認しましょう。

同じ通貨のペアでもその時点の相場の変動率(ボラティリティ)によって、外貨のスプレッドの狭さは異なることがあります。

一般的には、インターバンク相場で取引量の多い通貨の組合せではスプレッドの幅が狭く、その他の通貨ではスプレッドの差が大きくなる事があります。